バックヤード・Backyard
富山県中央植物園スタッフの奮闘をお伝えます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハエトリグサの狩り
 7/20金曜日から始まる「食虫植物展」の準備でハエトリグサ栽培エリアに行ったところ、毛虫が体半分捕えられていました。
既に消化は始っていると思います。ムゴイ!

毛虫が嫌いな人は見ない方がいいです。
[広告] VPS


ダンゴムシを与えてみました。「おぉ、素早い動きです!」
[広告] VPS


食虫植物展では、ハエトリグサ以外にもいろいろ紹介します。是非ご来園ください。
スポンサーサイト
食虫植物
 ゲッカビジン観賞会では2日間で1500人の方々が植物園に足を運んでいただきました。ありがとうございます
 さて、夏休みも目の前となり、植物園では、子供たちを迎える準備を着々と進めています。夏休みといえば、宿題が山ほど・・・・・・・   その中でも、自由研究は親子共々、最も悩ましい課題です
 そこでだ!、植物のくせに、虫を捕まえ、食べて、消化し、栄養分にしてしまう植物を一挙に紹介する
「食虫植物展」を植物園では開催します。これは夏休みの自由研究のテーマとしてはぴったりです。なんせ、虫をとらえるために発達した器官にはいろいろな仕掛けが施され、驚きの連続ですから。自由研究として最適です
 ではでは、代表的なやつを紹介します。ちなみにバックヤードには100種類ほどあります。ウツボカズラだけでも60種、サラセニア20種、モウセンゴケ10種、ムシトリスミレ10種、ミミカキグサが10種ほどあります。今回はその内、特に立派な株を展示します。


ハエトリグサ_convert_20120705160646
 まずは、ハエトリグサ!これは有名ですね。2枚貝のような葉が、「パクッ」と一瞬のうちに閉じて、虫を捕まえます。この動きに驚かされます。でも意外とハエを捕まえることはなく、ダンゴムシ、ガトンボ、ガなどが多いです。虫を捕えるために発達した葉には驚くべく仕掛けがあります。その秘密は植物園で!
 取りあえず1000株展示します。富山の気候はハエトリグサの栽培にあっているらしい。ここ数年で爆発的に増殖しています。最初は40株だったのに、数年のうちに、たぶん5000株以上に増えました。数えたことはないが、数えられないくらいあります。

ウツボカズラ_convert_20120705160537
 次にウツボカズラ!このつぼ状に変化した葉に虫を落としこんで捕まえます。大きいものでは長さが30cm、直径10cmぐらいになります。たまにネズミとかカエルなどが落ちて、無残な姿になっていることがあります。葉の形と模様は種ごとに様々で、また対象となる獲物の種類によって、サイズが異なっています。

サラセニア2_convert_20120705160627
 サラセニアです。ウツボカズラ同様、筒状の葉に虫を落としこんで捕まえます。葉の上のカエルは、サラセニアに誘われてやってきた虫を横取りするためにいると思います。クモも網を張って、寄ってくる虫を横取りしています。

ヘリアンフォラ_convert_20120705160703
 ヘリアンフォラです。サラセニアと同じように筒状の葉で虫を捕まえます。これは非常に珍品で、ベネゼエラのギアナ高地しかない世界でも珍しい食虫植物です。栽培は難しいとされ、滅多にお目にかかれませんが、何故か富山では、どんどん増えて、温室に入りきらない程になっています。

モウセンゴケ_convert_20120705160738
 モウセンゴケの仲間です。簡単に言いますと、ゴキブリホイホイのように虫を葉っぱにくっつけて捕まえます。葉っぱの表面は粘つきます。

ムシトリスミレ_convert_20120705160720
 ムシトリスミレです。モウセンゴケと同様に、ゴキブリホイホイ方式で虫を捕まえます。

 食虫植物展では、実物と詳細な解説パネルによって、食虫植物の秘密と魅力を紹介しますので、是非ご覧になってください。北陸でこれほどの種類を見れるのは富山県中央植物園だけですよ、調べたわけではありませんが、きっとそうに違いない。

 また、来園する方々からは「台所や玄関で、一鉢あれば、嫌なゴキブリ、ハエ、カなどを捕まえてくれて便利ですね」と言われますが、実は捕える数はそんなに多くなく、さらに虫をおびき寄せるために、においを出しています(これは人間にはわからない匂いです)、なので、家の周囲に食虫植物を大量に栽培すると、ご近所中のゴキブリ、ハエ、カが集まってくることになります。 さらに何事も食べすぎはよくありません。食虫植物も食べ過ぎると、せっかくの虫を捕まえるための葉が、腐ってしまいます。暴飲暴食は慎みましょう。腹八分が一番よろしいかと・・・





昨日のゲッカビジン
昨日のゲッカビジン観賞会では580人も来園し、ゲッカビジンの美しさを堪能なされておりました。ありがとうございます
サンライトホール_convert_20120703132725

ゲッカビジンは美人なので、被写体として、バッチリらしく、一生懸命に写真を撮影なされていました

撮影_convert_20120703132814

インフォーメーションコナーでは黒バックを立てたところ、ゲッカビジンの白い花びらが引き立つらしく、皆さん並んで撮影していました。

ゲッカビジン_convert_20120703132701
撮影された写真がこれ↑

うーん、やっぱり黒バックはいいです。白が際立ちます。

花_convert_20120703132754
花の中央にある、ヒトデみたいなものは、めしべです。雄しべは奥でたくさん見えます。全開になると甘い香りが漂います。これに誘われて、ガが来て、体を花の中に突っ込むと、花粉が体について、次の花に蜜を吸いに行ったときに、入口にあるめしべ花粉がついて受粉がおこなわれます。
[広告] VPS


ゲッカビジン以外にも温室には夜しか咲かない花や、眠ったように葉を閉じる植物もあります。ゲッカビジンだけでなく、他の夜デビューする植物達をご覧に来てください。

ゲッカビジンの開花
 本日7月2日(月)と明日3日(火)にゲッカビジン観賞会が富山県中央植物園で実施されます。そこで、開花する様子の動画をご紹介します。
[広告] VPS

実際は約2時間かかり、ゆっくりと開きますが、目の前にしていても、すこしづつ開いていくのが分かります。是非ご来園ください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。