バックヤード・Backyard
富山県中央植物園スタッフの奮闘をお伝えます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

温室の不具合
 寒い日が続きます。春が待ち遠しく感じます
さて、先日、温室の暖房機器の異常を知らせる警報が鳴り、調べたところ、熱帯温室へお湯を送る、パイプが錆びて、破裂していました

 温室の暖房は温室の床から30cmの高さに露出したパイプ中を80℃のお湯を流し、気温を保ちます。パイプが破裂したので、ポンプを止め、温室へのお湯の供給をストップさせました

 さて外は気温0℃、温室内と外はガラス1枚しかありません。グングン温室内の気温が下がってきました。今回の温室は熱帯性植物を管理している温室なので、気温5℃以下になると、植物達は枯れてしまいます。運悪く、壊れたのが土曜日、専門修理業者はお休みです。とにかく、気温を維持しなければなりません。
そこで、石油ストーブ2台と、サーキュレーターで空気を撹拌し、なんとか10℃まで維持することに・・・・・

 夜はストーブ付けっぱなしは危ないので、職員は午後11時までストーブの番をし、できるだけ気温をあげ、帰宅しました。翌日朝5時には再度ストーブを付けて、気温を上げました。もし気温が5℃以下になれば、何時でも、自宅に呼び出しの電話が警備会社から掛ってきます。電話が鳴らないことを祈り、就寝しました

月曜日は修理業者を呼んで、何とか直してもらいましょうといことで、しのぎました。
ストーブ_convert_20130120091246

月曜日の朝、工事の人達が来て、まず地下に埋められたパイプを調べます。そのためには削岩機でコンクリートを粉砕していきます。一緒に飛び跳ねるぐらい、地面から振動が伝わってきます。
削岩機_convert_20130120091406
このような不具合は2回目なので、間違いなく、地下のパイプの結合部であることは予想ついています

腐食_convert_20130120091532
やっぱりね!、結合部はボロボロでした

取り換え_convert_20130120091439
せまい穴におじさん2人で格闘です。腐食した部分を切りだし、新たなパイプを継ぎ足していきます。

取り換え後_convert_20130120091505
完了です。

テスト_convert_20130120091315
しばらく、お湯を流して、漏れがないか確認します。どうやら大丈夫のようです

完了_convert_20130120091339
コンクリートで埋め戻して、綺麗になりました。あぁよかった。工事のおじさんありがとう

 今年で開園20年になります。やはり設備も20年経ちますと老朽化と劣化で、不具合が出てきました。
大きな事故につながらないよう、また来園者にご迷惑が掛らないように、不具合は事前に発見し、適正に対処しなければなりません。次はどこが壊れるのか・・・・・なんたって20年経ってますから



スポンサーサイト
ガンバレ受験生
 あけましておめでとうございます。今年もはりきって行ってみよう!
さて、もうすぐ受験シーズン、当事者もそうですが、家族の方々はいろいろ大変です。そんな中、植物園では少しでも受験生の皆さんとその家族のために

 受験が上手くいきますように「ちらない桜」のお守りを1月5日に配布しました

朝9時からの配布ですが、
並ぶ_convert_20130105101647
7時30分頃には数名が並び、8時には20名が入園口で並んでおられました。受験生を持つ、関係者の皆様の暖かな心遣いが感じられました
並ぶ2_convert_20130105101712
配布は、整理番号順に行いました。1時間程度で100名は配ったと思います。
配布_convert_20130105101620
きっと、受験は上手く行きますよ。だって「ちらない桜」ですから。ご健闘をお祈り申し上げます

 さて1月4日の夜から寒波で、園内の池に氷が張りました。厚さ5cmくらいあります
凍った池_convert_20130105101554

 歩いてみました。おぉ・・・割れません。しかし時々「ピキッ、ピキッ」と音がする。とりあえず浅い所を選んで池を1周してみました
歩ける_convert_20130105101733
何とも言えない気分でした





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。