バックヤード・Backyard
富山県中央植物園スタッフの奮闘をお伝えます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

防波堤釣りと新しい相棒
 ご主人さまは、先日の日曜日、午後から休みで愚息と防波堤釣りに出かけました。最近防波堤釣りにハマっているらしく、月2回ほど出かけています
 釣れる時とそうでないときの差が大きく、釣れる時は、うははは・・・で釣れますが、今回は、待てど暮らせど、釣れない。釣果は結局、半日かけて、小さなサバ4匹でした。この間は、サバ50匹もつれたのに・・・・何故?こんなに差があるのか?潮の関係かなと親子で思案中です
防波堤釣り_convert_20130618084726

 昨日、大型自動二輪の免許書き換えのために免許センターに出かけました。朝8時30分~9時30分までの受付です。自宅から免許センターは離れているので、朝7時に自宅を出て、手続きはほんの30分で終了、9時には終わりました。
しかし、免許の交付は11時、3時間も待合室で待つことに。出かけようにも、免許証を預けてあるので、車を運転することもできず、ただひたすら待つことに。そしてアナウンス、「6000~6100番の方は11番窓口へ」やっとか。
 帰りに、某バイクチェーン店(赤男爵)に寄って、大型自動二輪の品定めに行きました。
多様なタイプの大型バイクが並ぶ中、あった!、これだ!、ズキューンとハートを鷲掴み、ハイ即決で契約です。

V2_convert_20130618083319.jpg

色は白と黒のツートン、バンダ柄です。

V3_convert_20130618083304.jpg

目はツリ目、ぱっちりの二重!トトロの「猫バス」のようです。愛称は「乳牛ホルスタインちゃん」と命名。牛のようにでかく、白と黒色なので。同じ白と黒のバンダちゃんはないでしょう。
娘に次期愛機の写真を紹介したところ、娘いわく、これは白バイか?、みんな逃げていくではないかとのこと!そもそも、親の職業を知っているのか?来年中学生になるのに。そうそう、この間、娘が「中学生はシャープペンシルを使うので、もうエンピツは買わない!、エンピツは小学生のガキが使うものだ!」という
少しずつ、中学生になる意識が芽生えているらしいが、シャープペンシルと鉛筆にこだわること自体、中学一年と6年生は、そう大差はないぞ
スポンサーサイト
大型自動二輪免許
 はいさい!、しばらくブログをさぼっていたご主人様が、ブログを書き始めました。ご主人様は4月から自動車教習所へ入校し、念願の大型自動二輪免許を修得しました。「久々に生徒になると、なんかワクワクするぜ」とか言って、毎日楽しそうに通って、つい先日卒業検定を終えて、なんとか合格です
教習所_convert_20130615151411

卒業検定_convert_20130615151334 
1段階5時間、2段階7時間です。課題は「くるくる八字運転:目が回ります」、「急制動:40km/hでフルブレーキです。おぉ怖い!」、「スラローム:20mの距離に並べられた不等間隔のパイロンを7秒以内に蛇行運転で走り抜けます。楽しい!」、一本橋:長さ14m幅30cmの鉄板の上を、10秒以上で走ります。ふら付いたら一貫の終わり、すごく緊張します」、S字路、クランク路、波状路、これは楽勝でした。などなど、なんとか追加講習もなくがんばりました。
 教習所に通い、「上手くできない」ってことは楽しいことに気付いただけで、儲けもんです。誰でも最初は初心者で下手くそ、トレーニングを繰り返し、考え、知恵をだして、上手になるんです。上手い人や知識と経験がある人と現状の自分の技術を比較して、落ち込むのは愚かなことです。ある程度上手くなって、初心者や奮闘している人を馬鹿にする人は、ギガ愚かです。さぁ、思い立ったらチャレンジ!あれこれ後先のことを考えてはいけません人生は短い!

 人は死を迎えるにあたり、やって失敗したことには後悔しないらしい、失敗は後で笑いに換えることもできる。ただ、「やればよかった」と死に際で後悔するのは、耐えられない。

さて、大型自動二輪免許取得したわけなので、乗るのは大型自動二輪です。これまで6年間お世話になった愛機「ホーネット250:愛称は小蜂ちゃん」ともお別れです。本当は娘か息子と将来ツーリング行くために手元に残しておきたいところですが、先の事は分かりませし、2台所有する財力にも自信がありませんので、泣く泣く手放します。ホーネット_convert_20130615151622
新しい、ライダーに可愛がられるんだよ!「どな、どな、どーなぁ、どなぁ」って感じ

 さて、今度の相棒は、おそらく人生終えるまでの付き合いになりそうです。そこで、自分と相性がバッチリな相棒はどんな奴なのか、思案中です。メーカーのイメージとして、
 ・無骨・硬派のカワサキ重工業社製
 ・女性らしいラインがセクシーでクールなヤマハ発動機社製
 ・とにかく優等生の本田技研工業社製
 ・ただひたすら変態ちっくな鈴木自動車工業社製

がありますが、その中から、チョイスですな! ハーレーはあり得ない。なんか恥ずかしい。ドッガティ、BMWなどもあるますが、目ん玉飛び出るほど Very Expensive です。故障などの部品代が高過ぎる。日本社製が一番だ。

 これまでのバイク遍歴を振り返ると、
 10代、青春時代は2ストバイクに夢中で、カワサキKR1とホンダNSR400に乗り、マフラーから白煙をまきちらし、かっ飛んでいました。周囲からは「クレイジィーロケットボーイ」と呼ばれていたらしい・・・。

でも何時しか単車を忘れてしまっていた。

次の相棒は、安全に、楽しく、愉快に乗れる単車にしよう。何時手に入れる!、今でしょう!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。