バックヤード・Backyard
富山県中央植物園スタッフの奮闘をお伝えます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

調査・研究
 めっきりと涼しくなりました。どこかしらかキンモクセイの香りが漂ってきます。秋ですね

ご主人様は、平日の休暇を利用して、どっかに出かけて、袋一杯の植物を持ち帰ってきます。食べれそうになく、はたまた花がきれいでなく・・・・何のために持ち帰ってくるのか不思議です
 少し、ご主人様の独り言を聞いてみましょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ずっと気になっていた植物があり、9月中旬から予備調査ってことで、フィールドワークに出発しました。
 当然、調査の相棒は我が愛機「乳牛号」「スズキVストローム650DL-ABS」、未舗装林道から舗装道路、高速道路まで快適に連れっていてっくれる頼もしい相棒です(牛乳は出ません)
採集_convert_20131013115328
 調査では、作業着と長靴スタイルで「乳牛号」にまたがります。おしゃれなライダースーツやブーツ、皮つなぎは不要!ヘルメット、プロテクター入りのジャケット着たままで、林の中へ入って採集します。なぜって。森のクマさんとの格闘に負けないためです。たまにヒトと出会いますが、相当怪しそうな目で見られます。慣れました


 気になっている植物とは!!!!ミズとアオミズ、ヤマトキホコリの3種です。それらの何が気になっているかというと・・・・・まず、ミズとアオミズに気なることは?????では材料の紹介から・・・

ミズ_convert_20131013115628
 ↑これはミズです。イラクサ科ミズ属の一年草です。
アオミズ_convert_20131013115558
 ↑これはアオミズです。イラクサ科ミズ属の一年草です。
ミズとアオミズは、林縁の湿ったところにいけば、普通意に見られる植物で、大して珍しい植物でもなく、いつも混じって生えています。ミズは茎が赤紫色であることに対し、アオミズは名のとおり、茎が鮮やかな緑色しています。
 ところが、
雑種_convert_20131013115531
 ミズとアオミズに混じって茎が薄ら赤紫色を帯びた個体がよく見られます。茎基部の半分が赤紫色で色の濃さも様々なものが発見されました。葉のサイズ形も中間だ。
 これはミズ?それともアオミズ?どっちなんだぁーーーー?
 おや、おや、これらは、もしかしてミズとアオミズの雑種かもしれないぞ!と予測しています。

続きましては・・・・・・
ヤマトキホコリ2_convert_20131013115357
 ↑これはヤマトキホコリです。イラクサ科ウワバミソウ属の多年草です。標高200m~1500mの湿った谷部でたまにみられます。このヤマトキホコリの何が気になるか?
 ずいぶん前に、1000mに生えていた5株と300mに生えたいた2株の染色体数を調べたところ違うんです。たまたま、運良く、染色体数の違う個体の見たのか?、はたまた標高によって染色体数が違っているのか?、それではその違いは標高何mを境とするのか、それは富山県だけなのか、他の地域ではどうなっているのか?


 この2つの疑問の答えを求めて、9月からこれらについて調査・研究がスタートしました。

「何が知りたいのか」

 そのためには

「何をどう調べればよいのか!」。

今は予備調査中、ある程度のことが見えれば、それに向かい、解析を行おうと思案中・・・・・植物園の業務もあります。効率よく研究を進めなければなりません

 
乳牛号_convert_20131012171211
 こんなときに「乳牛号」が大活躍です。車の入れない狭い道もスイスイ!今の段階ではサンプル数が少なくなんとも言えませんが、少ないサンプル数なりに何か上手く仮説が立証できそう・・・・
 でも、何がどうなるかやってみなければわからないのが研究です。だいたい思惑通り運んだ試しがない。寄り道ばっかり、でも寄り道で大きな発見があることも魅力の一つ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 来年の冬には論文を書き上げるらしい。上手くいくといいね


スポンサーサイト
夏休み沖縄の旅
 はいさい!、まだ昼は暑い日が残りますが、朝夕はめっきり涼しくなりました。どこからかキンモクセイの香りが漂ってきます

 しばらくぶりのブログです。こまめに更新しなくっちゃと思いつつ、ついつい後回しになっています。夏休みに子供たちを連れて、故郷「沖縄へ」行ってきました。子供たちを夏連れての帰省は初めて(夏は旅費が高すぎる
 朝7時に、富山空港を出て、羽田で乗り継ぎ、11時頃には那覇につきます。実家は沖縄市なので、車で30分ほど。

海中道路_convert_20131007141737
最初に実家近くの「海中道路」に行ってきました。遠浅の砂浜が続く海岸です。海中道路とは、距離にして10km続く、海の上の道路です。昔は地元の人々で潮干狩りを楽しむ海岸でした。今はきれいに整備され、環境客が一杯です。干潟にはたくさんの生き物たちがいます。

ガサミ_convert_20130906105951
これはガサミです。スープにすると美味しい蟹です。子供たちの足の周りを、すいすいとたくさん泳いでいました

イソスギナ
おお!これはイソスギナではないか。カサノリの仲間でしたか?学生時代の実験で観察したような気がする

リーフ_convert_20131007141708
2日目は、これまた近くにある、サンゴ礁の海に行きました。ちょうど干潮でしたので、天然のプールとなった潮溜で遊びました。遠くに白波が立っているのは「リーフ」です。天然の防波堤であり、大きな岩は津波で運ばれてきたものでしょうか?

タイドプール2_convert_20130906110203

浮き輪でぷかぷか、シュノーケリングでユラユラ波に揺られ楽しみます。
洞窟_convert_20131007141838
洞窟もあり、入り口は真っ青です。どこかで「青の洞窟」という有名な外国の観光地がありますが、遠く外国に行かなくとも、我が実家近所でも「青の洞窟」があります

タイドプール_convert_20130906110146
未確認生物発見!「これは何だ?」と子供たち

ノウサンゴ_convert_20130906110515
これは「ノウサンゴの一種・・たぶん」、生きているサンゴは、蛍光色の緑、紫、黄色、ピンク、青白です。紫外線から共生している褐虫藻を守るため、蛍光タンパク質で日傘代わりにしているので、蛍光色を発します。

生き物_convert_20131007141824


コバルトスズメ_convert_20130906110043

サンゴ礁は「種多様性が豊富」、子供たちは次々とへんちくりんな生き物を見つけて、「これは何だ?、あれは何だ?」と質問の嵐です。残念ながら、父は「植物が専門」 わからん!、自分で調べろ!

やはり「本物を目にすることは大事です」。何よりも「自分の目で見てみる」もんです。何時までもこの自然を残していきたいものです。

一日、海で遊んだら、お腹もすきました。実家近所の米軍基地内のスポーツプラザ内のレストランで軽食を!、以前は民間人は入れなかったのですが、今はフリーです。
チバナゲート_convert_20130906110234

ゴルフ場_convert_20130906110107
レストラン目の前はゴルフ場、アメリカ人、沖縄人仲良くゴルフ、隣接して、プール、テニスコート、野球場、サッカー場、バスケットコートがあります。利用はタダ!

メニュー_convert_20131007141647
さぁ、何を食べようか?掲示されているメニューは「英語標記」です。みんな、ウエトレスに英語で注文して!
「I woul'd like 何とか」と云えばOK。富山の子供たちに生きた英語実践です。支払は円でもドルでもOK。
コンビネーションピザを2枚注文したらしい。後コーラのMサイズ。富山の子供たちはアメリカンサイズを知らない。出来上がったピザは、通常の直径の2倍、トッピングはてんこ盛り、Mサイズのコーラは牛乳パック1ℓ入りぐらい、すべて食べるのに四苦八苦です。何と、飲物のお代わりは無料!

自動販売機_convert_20131007141809
2代の自動販売機、左は日本仕様、右はアメリカ仕様です。お国変わればデザインも違います。ついでにアメリカ仕様には「ドルオンリー」の張り紙
ドル_convert_20130906110452



翌日は、これまた近所のビーチで遊びました。
宇堅ビーチ_convert_20131007141723
ここも入場無料!きれいなシャワー室、トイレ完備、ライフセーバーも常駐、売店もあります。バーベキュウコーナーも充実しています。

お土産どうしよう。ってことで、ただ買うのはつまらないので、自分でオリジナルお土産が作れる場所へ!
琉球_convert_20131007141908
映画「テンペスト」のセットにも使われた、場所です。
クラフト_convert_20130831085158
オリジナルTシャツ作りに挑戦!、あと、琉球ガラス体験、三線作り、シーサーの置物づくり、時間に余裕があればGOODな場所です。お勧め!

夕食は近所の居酒屋で。オリオンビールと泡盛、懐かしい沖縄料理です
まぐろお通し_convert_20130906110532
なんと、注文前の「お通し」はマグロの赤身刺身!それも、お代わり自由!なんという太っ腹居酒屋でしょうか!お通しだけで、充分カモ!

3泊4日の沖縄旅行は楽しかったです。父は遊びだけじゃなく、実家の仕事もあったので。疲れました。何時かまた連れて行きましょう。ただ毎年は無理!夏は旅費が高い!でもがんばって毎年連れていくからね

飛行機窓_convert_20131007141852
帰りの飛行機は爆睡!、最近の飛行機はサンシェードがなく、窓下のボタンを押し続けると、窓は透明から青、そして真っ黒になります。驚き!


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。