バックヤード・Backyard
富山県中央植物園スタッフの奮闘をお伝えます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オオオニバスに乗ってみよう
ハイサイ!
夏の植物園最大イベント「オオオニバスに乗ってみよう」開催です。今年は苦労しましたよ!
まず、開催1週間前の台風襲来!オオオニバスの葉は1.5mまで発達しました。しかし大きな葉は風に弱い。
台風の強風に耐えられません。強風で葉はボロボロになってしまうことでしょう。葉がなければ「オオオニバスに乗ってみよう」のイベントはできない・・・・・
急遽台風対策実行!
台風対策_convert_20140820153229
園内の橋の下に、株を移動し、周囲を防風ネットで囲って強風から防御・・・・大丈夫かと心配でしたが、しっかり夜も寝れました。翌朝、幸運にも大した強風も吹かず、すべての葉が無事でした
オオオニバス_convert_20140820152809
ミラクルです。
しかし、開催日は朝かすごい雷雨、天気の様子を伺いつつ、規模を縮小してなんとか実施。
荒天時_convert_20140820153001
このどんよりとした雨雲、にくらしい・・・・それでも100人くらい乗せることができました。
乗ってみよう_convert_20140820153137
オレンジの帽子をかぶっているのは、「教員研修」の先生方と「博物館実習」の大学生です。会場ではオレンジの帽子が目立ち、参加者よりもスタッフが多いいイベントになってしまった。とほほ・・・・・
巣_convert_20140820153207
この雨でもっとも迷惑を受けたのが、水鳥の「バン」です。バンは何を思ったか、1週間前にオオオニバスの葉の上に巣をつくり、卵を産んでいました。これまでにないことです。なぜ・・・・こんな目立つ葉の上に巣をつくるのか、カラスやトンビの襲来を避けることはできないはずなのに・・・
急な豪雨や雷からすぐに避難できるよう、急遽イベントを会場を「展示温室」前に移動したのですが、そこにはバンの巣がある葉があり、どやどや人間どもが巣のある葉の周りに集まるものですから、親鳥は警戒して、巣がある葉を遠巻きにうろうろ
母鳥_convert_20140820153255
本当にお騒がせして申し訳ない。親鳥は心配そうに、遠くから見つめていました

開催晴天_convert_20140820152934
開催最終日、やっと晴天に恵まれました。「よっしゃぁー、はりきって行きましょう」と皆さん気合い十分です。会場はバンの巣から100m離れたサクラ並木、本来の場所での実施です。この会場は1日かけて準備したので、何とか使うことができてよかったです
行列_convert_20140820153030
開催時間とともに、たくさんのお客さんが集まり、行列ができるほどです。毎年3日間の開催時はこんな感じなんですが・・・まぁ、天気だけはどうしようもありません。バンは遠くで子ども達の声を聞きつつ、安心して、再び卵を暖めていました。 さてヒヨコになるのか心配です。悪いことしたなぁ・・・ごめんね!バンちゃん・・・・


スポンサーサイト
表彰
ハイサイ!
ご主人様はちょー久しぶりにブログ書きます。春の桜まつり以来でしょうか。とにかく5月下旬から8月中にかけては、スーパー多忙の日々・・・・・やっと落ち着いてきたらしい。では、ではその3カ月間の出来事を紹介します。

まず6月12日~14日かけて富山で開催された「公益社団法人 日本植物園協会第49回大会・総会」。
これは毎年、各県持ち回りで行われる行事です。富山では平成9年に開催されており、今回2度目です。富山での開催が決まったのは昨年、通常3年前くらいに開催地が決まり、準備を進めていくのですが、たった10カ月ですべての準備をしないといけません。これが大変。。。。。
大会_convert_20140616100627
会場や物品の手配、資料の印刷製本などなど、てんやわんやでした
遠くから富山まで足を運んでいただくわけですから、富山をアピールするものを「どーんと」にテーブルに配置。
名水_convert_20140616100751
まずは富山の名水!各地に名水あれど、やはり富山の名水は一目置かれました。
富山づくし_convert_20140616100727
続きまして、「北陸新幹線」大きくアピール。首都圏から2時間で富山に来れる。富山に来た際には是非植物園によってね!運行は来年4月からです。
意見交換会_convert_20140616100608
意見交換会では、富山の海山の食材を揃えました!また植物園のサクラの花から得た酵母によって作られたお酒「フタガミザクラ」は大人気でした。
最大のニュースは・・・・・・
木村賞_convert_20140616101117
ご主人様が「日本植物園最高功労賞:木村賞」を受賞。しかし、最高賞を開催園の実行委員長が受賞って、手前みそみたいで複雑な心境でもあるね!Vサインの方はご主人様が沖縄から富山に来た時からいろいろお世話になっている方です。
喜んでくれて、少し恩返しができたかな?この方実は相当偉い人と、最近知った。やっぱり、本当に優秀な人は、さり気なく偉いことが多い。見習おう。
「頭を垂れ、自らの足元に蠢く下衆を見て優位性を満たしていれば、目指すべく夜空の美しい星や、眩しい太陽を見ることはできない」、理想の人へ近付くために、毎日1歩の努力する意識を持ちづけたいものです。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。